虫歯になるオリゴ糖と虫歯になりにくいオリゴ糖

赤ちゃんにオリゴ糖を与えるときの虫歯の心配についてまとめています。

 

答えから先に言うと、
虫歯になるオリゴ糖となりにくいオリゴ糖がある
ということになります。

 

では、その詳しい理由についてみていきましょう。

 

オリゴ糖食品は純度が様々

基本的にオリゴ糖は虫歯になりにくい性質をもっています。

 

これは虫歯の原因となる虫歯菌がオリゴ糖については分解をしないためです。

 

しかし、流通しているオリゴ糖食品には様々なタイプのものがあり、中には虫歯の原因となりそうなものがあります。

 

例えば、よく見かけるシロップタイプ(液体)のオリゴ糖では、オリゴ糖以外に砂糖や水飴を含むものがあります。

 

このようなものを与えていると、虫歯になりやすくなりますし、甘いものが癖になって母乳や離乳食を欲しがらなくなることもありえます。

 

一方、粉末タイプのオリゴ糖については、純度の高いものが多く、余計な成分は配合されていません。

 

そのうえ、赤ちゃんのお腹の健康に対して効果の高いものが多く、便秘の予防や改善に役立ちます。

 

それで、赤ちゃんにオリゴ糖を与えるなら、虫歯予防の面からも、健康効果の面からも粉末タイプのオリゴ糖をおすすめします。

 

赤ちゃんの虫歯予防のオリゴ糖ランキング

赤ちゃんの虫歯予防のオリゴ糖1位 カイテキオリゴ

赤ちゃんの虫歯予防のオリゴ糖1位 カイテキオリゴの特色

カイテキオリゴの特色は、
・砂糖など余計なものが混ざっていない純度ほぼ100%のオリゴ糖
・ミルクにも溶けやすい粉末タイプ
・6種類のオリゴ糖を最適割合でブレンドし赤ちゃんの腸の健康を守る
・25日間返金保証つき
といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回1,419円(税別) 150g(約1ヶ月分) 赤ちゃん,オリゴ糖,虫歯
原材料
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖、難消化性デキストリン、アカシア食物繊維
備考
定期コースの2回目以降は最大20%オフで2,270円(税別)。ただし3ヶ月以上継続が条件
赤ちゃんの虫歯予防のオリゴ糖1位 カイテキオリゴの総評

砂糖やシロップ、食品添加物などの混ぜられていない虫歯の心配のないオリゴ糖です。赤ちゃんの便秘にもよく利用されており、1日わずか1g〜3gでやさしくお通じをサポートしてくれる天然原料の食品です。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

赤ちゃんの虫歯予防のオリゴ糖オリゴ糖2位 はぐくみオリゴ

赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖2位 はぐくみオリゴの特色
 

はぐくみオリゴの特色は、
・完全無添加のオリゴ糖で虫歯の心配なし
・やさしい効果で便秘もスッキリ
・10日間の返金保証つきで安心して試せる
・定期は初回50%オフの価格で試せる
といった点があります。

価格 容量 評価
税込3,680円(送料300円) 150g(約1ヶ月分) 赤ちゃん,オリゴ糖,虫歯
原材料
ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
備考
定期コースは初回1,840円(税込)。いつでも解約可
赤ちゃんの虫歯予防のオリゴ糖2位 はぐくみオリゴの総評

妊婦さんにも人気のあるオリゴ糖です。5種の純度の高いオリゴ糖だけが使われており、虫歯の心配がなく、フワッとした甘さなので甘いものが癖になるというような心配もありません。

 

はぐくみオリゴこちら

 

赤ちゃんのためのオリゴ糖ではカイテキオリゴがおすすめ

カイテキオリゴのパッケージ

 

虫歯になりにくいオリゴ糖食品を2点ご紹介しましたが、一番のおすすめがカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴは便秘対策の商品として圧倒的な人気があり、赤ちゃんからご高齢の方まで年齢を問わずに喜ばれてきました。

 

何度かバージョンアップをしており、よりたくさんのビフィズス菌を元気にするための工夫がなされています。

 

赤ちゃんであっても便秘になることは少なくなく、便秘が続いて腸内環境が悪いと、今度はアレルギーなどの悪化の原因ともなりかねません。

 

腸は免疫力の要といわれますから、丈夫な子に育てるためにも虫歯になりにくい純度の高いオリゴ糖で便秘しらずの子育てを目指しましょう。

 

公式サイトなら返金保証付きのご注文がてきますし、お得な料金プランが掲載されています。以下をクリックしてご確認ください。
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

便はその日の健康状態を示すバロメーター

子供さんに日々のトイレタイムをしっかりとさせそのことの重要性を教えるのに必要なのは、子どもに対する親の教育です。朝食をきちんと食べて、便意を感じたらトイレに座る、そのパターンを習慣化しましょう。
また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナに似たかたちでまずはプカプカ浮くものの、ゆっくりと沈着していく様子がみてとれます。

 

野菜に豊富なビタミン類は、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、身体の生理作用がスムーズにいくようサポートするなどの役目があります。

 

 

 

無数の細胞にエネルギーを与え、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、なくてはならない栄養なのです。
パセリや大根などの野菜だったり桃やバナナなどの果物を通して摂取できるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。

 

海藻には血管の老化の予防や改善につながる不飽和脂肪酸を豊富に有します。特に有名なDHA(ドコサエキサエン酸)の効果は驚かされます。
これは乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられている成分です。海藻が豊かな栄養を有するのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。

 

海藻をよく取り入れた食事を普段からよく食べて、海のパワーで元気に過ごしましょう。
今時は便秘になる子が結構増えています。

 

 

 

ウンチの出ていない子は、少しのことで疲れたり、集中力が散漫になるなど体調不良を訴えます。

 

 

 

ウンチをため込んでいるようだったら早急に解決に向けて動きましょう。子どもでも使える便秘薬は市販されていますが、そうしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。

 

 

なるだけ従来の排便力ですっきりできるように食物繊維の多い食物や規則正しい生活をバックアップしてやりましょう。

 

 

喉の渇きを訴えているような際は、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。

 

 

 

余計な物質が含有されていないので、身体に吸収されやすいのです。

 

とりわけ起床時にコップ一杯の水を飲むと、休んでいた胃も覚醒し胃腸の消化のための準備が万全になります。

 

食欲が強くなっていき、冷えた飲料水の影響でパッチリと目が覚めることでしょう。

 

野菜ジュースにはミネラルが多く含まれます。

 

ミネラルはからだを構成しているのと同時に、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、エネルギーを作り出すことなど体の働きをコーディネートする役割があります。また野菜には毎日のスッキリを応援し、腸内の状態をクリーンにしてくれる食物繊維も十分に含有されています。
こうした栄養は体内で合成することはできませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。

 

海藻には野菜に引けを取らないビタミン・ミネラルなどの健康に効果のある栄養をめっちゃ多くもっています。

 

 

 

そして白血球のパワーを引き出し、有効成分がなどガンを含む生活習慣病を防ぎ、免疫を高めるのにうってつけの食べ物です。

 

海藻に含まれる食物繊維は水溶性です。
腸に棲む善玉菌をたくさん増やし、大腸の働きを活発にして、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。

 

 

お子さんの身体を育てるのが食べ物です。
食べ物があらわす効果は、薬以上の働きをすることがあります。
小児が毎日食べているものは生育の状況に大きくインパクトを与えます。まわりの人々、とりわけ親の場合は、それを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な役割を果たしますし、頭の発達にも深く関係します。

 

水分というのは身体では体液や血液などとして、欠くことのできないものです。

 

 

 

水の恩恵を改めて考えると、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、潤った肌をつくるのに助けになり、食べる前に飲んで消化の備えができたり、汗や尿を出すのを後押しして、毒素など不要分の排出につながります。そして疲れてしまった場合、ナーバスになる時もそれを落ち着かせる効果も水にはあるのです。

 

心身ともに大きく育っていく子は栄養が偏らないような食事を三食しっかりと食べることが肝心です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、基本的に満たされるべき人体の栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、自分の食欲と許容量の折り合いについて意識を持つようにさせているそうですが、なかなか本質をついたやり方だと感じました。