子育てオリゴ記事一覧

お子さんが飲み物を欲する時は、ジュースでもお茶でもなく水こそおすすめです。いろいろな添加物が入っていないので、体への浸透がスムーズなのです。特に起きてすぐに水をコップ1杯飲用すれば、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸の消化のための準備が万全になります。食欲が強くなっていき、冷水のキュッとした刺激でスキッと眠たさもなくなるでしょう。野菜の栄養としてミネラルも忘れてはいけません。ミネラルはからだを構成...

子供の身体の健康と成長を支えるのは食物です。食物の健康効果というのは、場合によっては医薬品以上です。小児が毎日食べているものは成長や発達のカギといえるほど関係します。まわりの人々、とりわけ親の場合は、その重要性を自覚しておくことが大事です。食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な効果を発揮しますし、脳がしっかりと発達するのにも重要です。近年になって排便に問題を抱える子が急増しています。うん...

お子さんの身体を育てるのが食べ物です。フードのパワーというのは、薬以上の影響を持つこともあります。小児が毎日食べているものは生育の状況に大きくインパクトを与えます。まわりの人々、とりりゆう親の場合は、その意識を強く持っておくことが大切です。食事こそが病気に打ち勝つ免疫力を持つために強力な効果を発揮しますし、頭脳の成長に持とても大切です。血液や体液など人間の体の内部の水分は、なくてはならないものなの...

すぐにイラっときたり、ちょっとしたことでキレる子が増加傾向にあるようです。今の複雑な社会のストレスも原因と考えられますが、食事、中でも砂糖類の摂取が多すぎることと無関係ではありません。糖類の摂りすぎが低血糖の諸症状をまねきます。砂糖などは血糖値を急上昇させますが、その上昇を抑え込むためインスリンという膵臓から出されるホルモンが大量に分泌され低血糖の状態を引き起こします。就寝は苦しみや辛いことを薄れ...

ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルはからだを構成しているのと同時に、食物の消化吸収や老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)の排出、エネルギーを作り出すことなど体の働きをバランスよく保つ働きを担います。そして野菜には便秘を防ぎ、腸内の状態をクリーンにしてくれる食物繊維(不足すると大腸の働きに問題が生じる可能性が高いです)がたくさん含まれることを忘れてはいけません。...

最近の子というのは背丈がスーッと高くて手も足もヒューと長くて、以前よりずっとスタイルがいいです。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から欧米の動物性食品中心の食事形式に社会全体として傾いてきたからです。ところが、糖尿病や高血圧といったかつての日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのだそうです。もっと心配なのは小児の生活習慣病・肥満も数が上昇していっている点です。就寝は苦しみや辛いこと...

子どもの脳というのは幼児期に成人の8割を超えるぐらいにまで成長するのです。あとは与えられた刺激によって向上していき、まるで筋トレで筋肉が増強されるかのように、知的トレーニングをおこなうことでさらにレベルがアップしていきます。食物にふくまれるカルシウムやビタミンB1は脳が十分に回転するのに欠かせない栄養です。また魚や海藻にふくまれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする作用を持っています。眠ること...

心身一緒に大きく育っていく子は栄養が偏らないような食事を美味しく食べられることが重要です。ですが、必要量以上にバク食いすると、本来の体にとって必要な栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。一つの保育園の取り組みとして自らが食べられ沿うなぐらいのご飯をよそわせ、自分の食欲と許容量の折り合いについて感じとれるように教育しているようですが、効果的な手段といえ沿うです。幼児期にはきちんとした生活のテンポを習...

成長の時期にある小児は色々な栄養が全体として満たせる食事を美味しく食べられることが重要です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、基本的に満たされるべき人体の栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。某保育園ではコドモが自身で食べられるだけの食事をつがせ、自身の食べる量の程度を感覚としてつかむよう教えていますが、とても感心しました。現代に生きるコドモらは身長も高くて手も足もヒューと長くて、以前よりずっ...

多くの野菜にはたくさんのミネラルが含有されます。ミネラルは体を成す成分であるともに、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、エネルギーを産み出すことなど身体の生理現象をバランスよく保つはたらきを担います。さらに野菜には排便状態を整え、腸にたまった有害物質を吸着し排出する食物繊維が多くふくまれているのです。このようなものは体内では作り出されませんから、食物を通してどんどん取り入れる必要があ...