カギは家庭でのコミュニケーション

心身一緒に大きく育っていく子は栄養が偏らないような食事を美味しく食べられることが重要です。ですが、必要量以上にバク食いすると、本来の体にとって必要な栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。一つの保育園の取り組みとして自らが食べられ沿うなぐらいのご飯をよそわせ、自分の食欲と許容量の折り合いについて感じとれるように教育しているようですが、効果的な手段といえ沿うです。幼児期にはきちんとした生活のテンポを習慣づけましょう。いつまでも起きていると、朝の起床も遅くなってしまい、生活時間も段々ズレが生じていきます。沿うして自律神経の調節も乱れて、成育するにつれて、心と体の不具合が生じることもあります。幼児期に期待される睡眠の時間は、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。こうした生活のリズムが3歳ごろまでに出来上がると理想ですね。最近の若者は背がスラッと高くて手も足もヒューと長くて、古い時代の人より恰好が良いです。こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から肉をよく食べる欧米人の食習慣に趣向が変わってきたためです。その反面、高血糖や高脂血症などの昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気もどんどん多くなっていることです。食べ物は小児の発育を支えているはずです。食物の栄養に秘められた力は、薬以上のはたらきをすることがあります。子どもがどんなものを常に食べているかが生育の状況に大きくインパクトを与えます。周りで見守る親や他の人々が、その重要性を自覚しておくことが大切です。食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な効果を発揮しますし、脳がしっかりと発達するのにも重要です。子どもが便通のリズムを身に着けさせ、その健康に対する意味を理解させるカギは、家庭でのコミュニケーションです。朝ご飯をしっかりと食べ、便意を感じたらお手洗いに座る、それを習慣として体におぼえこませましょう。沿うして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナ型ではじめはプッカリと浮いて、じわっと底に沈んでいくようなはずです。ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルというのは体の構成元素であると一緒に、食物の消化吸収や老廃物の排出、エネルギーを作り出すことなど体のはたらきをちょうどよく維持する効果を持ちます。さらに野菜には排便状態を整え、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維も十分に含有されています。これらは体の中で生成されませんから、食事でしっかりととりいれていきましょう。海藻は血管の硬化の予防・改善に役立つ不飽和脂肪酸という脂質を含有します。とり理由DHAのはたらきには注目です。これについては子どもらの頭脳の発育に有効であるという研究報告のある栄養素です。海藻が豊かな栄養を有するのは、海洋のエキスが凝縮され蓄積されているからです。海藻を利用したサラダなどを日々テーブルに並べて、海洋パワーで強い身体を造りしょう。人間の脳はたった3歳か4歳ぐらいで成人の脳の約85%にも発達していきます。以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、まるで筋トレで筋肉が増強されるかみたいに、知力を意識的に鍛えることで向上していきます。食物に含まれるカルシウムやビタミンB1は脳機能にとって必須の栄養分です。さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにするように働聴かけることが多く研究でわかりました。