動物性食品中心の食事形式に趣向が変わってきた

成長の時期にある小児は色々な栄養が全体として満たせる食事を美味しく食べられることが重要です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、基本的に満たされるべき人体の栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。某保育園ではコドモが自身で食べられるだけの食事をつがせ、自身の食べる量の程度を感覚としてつかむよう教えていますが、とても感心しました。現代に生きるコドモらは身長も高くて手も足もヒューと長くて、以前よりずっとスタイルがいいです。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から欧米の動物性食品中心の食事形式に趣向が変わってきたためです。ところが、生活習慣病など以前は日本ではあまり見なかった病が増加しているのです。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も増してきている点です。便秘に悩むコドモ立ちがますます増えています。便秘がちなコドモというのは、疲労感をすぐに感じたり、集中力不足といった問題が生じています。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。小児用の便秘薬(妊娠中に服用すると、早産や流産の恐れもあるといわれています)や浣腸などがありますが、それはあくまで緊急手段ととらえて使い過ぎに注意です。出来る限り本来の排便力を回復できるよう食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)の多い食物や規則正しい生活を必要なことを備えてあげましょう。ミネラルは野菜にも多くふくまれる栄養素です。ミネラル図らだを構成しているのと同時に、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、体内活力の産生など生理作用をほどよく加減する役割を持っています。さらに野菜には排便状態を整え、腸内環境を良好にしてくれる食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)がたっぷりあるのです。この種のものは体の中では生産できませんから、食事でしっかりと取り入れていきましょう。お子さんに排便の習慣づけを指せ、そのことの価値を学ばせるための中心が家庭でのコミュニケーションです。朝食事をしっかりと食べ、便意が生じたら我慢せずに排便する、この一連の動きを習得するように指せましょう。そうやって、日々のうんちの様子が身体の状態を伝える基準である事を理解指せましょう。良いうんちは臭いにおいもせず、バナナに似たか立ちでまずはプカプカ浮くものの、段々と底に落ちていくようなイメージです。子どもがのどが渇い立という時には、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。不必要な物が混入してないので、スーッとカラダに吸収されるのです。中でも起き掛けの1杯の水は、胃にスイッチが入って自律神経も活発になり胃腸の消化吸収の態勢がしっかりと整います。食べたい欲が高まりますし、冷水のキュッとした刺激でシャキッと頭)も冴えることになります。コドモの身体の健康と成長を支えるのは食物です。フードのパワーというのは、薬以上の影響を持つこともあります。コドモが日ごろ何を食べているかが成長や発達のカギといえるほど関係します。周りの成人、中でも親としては、その事の重大さを認識しておかなくてはなりません。食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な役割を果たしますし、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)の発達にも深く関係します。海藻には野菜と同レベルのミネラルやビタミンなど健康にプラスとなる栄養をたっぷりと有しています。さらに血液中の白血球を強力にし、生活習慣を原因とする諸々の病気を予防する成分をもち、免疫を高めるのにうってつけの食べ物です。水溶性の食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)を多くふくむのが海藻です。腸内の善玉菌をいっぱいに増やし、大腸の動きを後押しして、ビタミンB群の生合成にもふかく関わってくることなど宝のような存在なのです。